【動画販売事例の紹介】キーコーヒー株式会社様|「日本中に喫茶文化を広めたい」、100年企業が取り組む動画販売のDX『オンラインのコーヒー教室』

事例紹介
この記事は約7分で読めます。

弊社が提供する動画サイト構築CMS『ソーシャルキャスト』を導入し、現在、オンラインのコーヒー教室を運営されていらっしゃる「キーコーヒー株式会社」さまに、先日導入事例インタビューの取材をさせていただきましたので、その内容を元に本記事を執筆いたします。

取材をさせていただいたキーコーヒー株式会社の担当者さま

マーケティング本部 市場戦略部 コーヒー教室
藤田 靖弘さま

マーケティング本部 市場戦略部 カスタマーリレーションチーム
手島 ほたるさま

経営企画部 広報チーム
福角 彩さま

キーコーヒー株式会社さまは、コーヒーの製造・販売をはじめ、海外におけるコーヒー農園事業などを展開する、コーヒーの総合企業です。
2020年の創業100周年の新たな取り組み・DX化として、長年、東京にある本社の一室で開催してきた、「コーヒー教室」のオンデマンド配信サービスを2020年6月にスタートされました。
同社は、古くから日本における喫茶文化の継承活動にも力を入れており、その活動のひとつとして、1955年よりコーヒー好きの一般生活者の方から飲食のプロの方に至るまで、コーヒーのことを学べるセミナーを開催し、延べ37万人以上の受講者を輩出しています。

取材では、

  • なぜ動画配信事業に取り組まれたのか
  • 動画配信事業に取り組まれる前後でどうだったのか

など、背景やお考えを詳しくお聞かせいただくことができました。

なぜ、動画配信事業に取り組まれたのかについては、次のようなお声をいただいております。

より多くのお客様に、セミナーを通してコーヒー文化・喫茶文化の魅力をお届けしたいという想いがずっとありました。
しかし、これまでのリアルでの対面セミナーでは、距離的制約、時間的制約、加えてセミナールームの会場キャパシティーといった場所的制約があるため、弊社の想いを実現するのに限界がありました。
オンラインセミナーであれば、上記の制約を気にすることなく、より多くのお客様に様々なセミナーをお届けできます。

動画配信事業に取り組まれる前にどのようなお考えがあったのかについては、次のようなお声をいただいております。

これまでお客様に寄り添ったリアル対面セミナーをしてまいりました。
オンラインセミナーで実際に抽出の様子が分るのか、またコーヒーの香りや味わいを伝えられることができるのか気がかりでした。

そして、動画配信事業に取り組まれてみて実際どうだったのかについては、次のようなお声をいただいております。

実際にコンテンツにしてみるとオンラインならではのよさがありました。
抽出時のドリッパーにある粉の様子などは間近く見ることができて、リアル対面セミナーより分かり易いと思います。
また、香りや味わいも分かり易く言語化(例えば「レモン、ベリー、ナッツ、チョコレート、ジャスミンのような香味」)することで、問題なく、受講者に伝えられていると思います。

本稿では、キーコーヒーさまが運営されているコーヒー教室のオンデマンドサービス、「キーコーヒー オンラインセミナー」を立ち上げた経緯と、オンラインサービスを実現するために導入いただいた、弊社提供の動画サイト構築CMS『ソーシャルキャスト』の採用におけるポイントを紹介します。
動画コンテンツの配信事業を検討されている方は、ぜひ、ご参考になさってください。

キーコーヒー株式会社さまのソーシャルキャスト導入事例インタビューの詳細は、ソーシャルキャスト公式サイトにてご確認いただけます。
https://socialcast.jp/cases/keycoffee.html

動画配信サービス構築のポイント 無償配布中
自社でもできる、動画の録画とライブ配信ガイド 無料配布中

オンラインのコーヒー教室「キーコーヒー オンラインセミナー」とは?

日本を代表するコーヒーメーカーの100年企業であるキーコーヒーさまのコーヒーの技を、仕事の合間や移動中など隙間時間を利用して学べる、オンラインのコーヒー教室です。

同サービスでは、日本に40名しかいないコーヒー関連資格の中でも最高峰資格と呼ばれているJ.C.Q.A認定のコーヒー鑑定士が教える、本格的なペーパードリップのいれ方やコーヒーの選び方などを学べるコンテンツをはじめ、昨今「レトロで、映えるドリンク」としてインスタグラムなどのSNSを中心に人気のあるクリームソーダの作り方など喫茶系メニューのコンテンツも配信しています。

キーコーヒー オンラインセミナー3つの特徴

  1. いつでも、どこでも、何度でも動画を視聴できる
    スマホやタブレット、PCさえあれば時間や場所を気にせずに学べます。
    また、有料コンテンツは、購入後、1年間何度でも視聴することができます。
  2. 学習に便利なチャプター機能
    動画は内容ごとにチャプター分けされているため、見たいところにジャンプしたり、反復学習が効率的に行えます。
  3. 受講しやすい価格設定
    コーヒー抽出を指導するプロの授業が1動画1,000円(税抜き)で受講できるため、今まで受講に踏み切れなかったコーヒービギナーの方でも、始めやすい価格設定にされています。

キーコーヒー オンラインセミナーの詳細は、以下よりご確認いただけます。
https://www.keycoffee.co.jp/seminar/online

キーコーヒーさまが抱えていた課題

キーコーヒーさまには、より身近にコーヒー文化・喫茶文化の魅力を広めたいという想いがありましたが、リアルでの対面セミナーには距離的制約・時間的制約・場所的制約があるため、想いを実現するのに限界を感じておられました。
そこで、動画を使った有料のオンライン教室を実施するための最適なソリューションの検討を始められました。

  • コーヒー教室の受講希望者は全国に大勢いるが、東京の本社に来ないと受講することができない
  • 遠隔地から受講される方は時間が長いセミナーだと、多くの交通費や場合によっては宿泊費がかかってしまう
  • セミナールームの最大収容人数に限りがある
  • 2020年のコロナ禍以降、リアルでの対面セミナーを開催できない状況が続いている

ソーシャルキャスト導入のポイントと決め手

自前の動画販売サービスを構築できるCMSが、「自社のブランドを維持した形で動画コンテンツの販売を行いたい」というキーコーヒーさまのお考えに非常にフィットしたというお声をいただいております。

  • デザインやシステムの設定を変更するだけで、オリジナルの動画販売プラットフォームを作れる
  • 決済から受講の参加権限の付与をシステム化することで教室運営のコストを下げられる
  • 動画の視聴履歴や販売履歴が確認できることにより、サービスの状態を可視化でき、PDCA分析がしやすくなる
  • 動画をアップロードするだけの簡単な操作でサービス運営が行える
  • リーズナブルなシステム構築のイニシャルコストやランニングコスト

動画配信サービス立ち上げ後の効果

キーコーヒーさまからは、もっと高い目標をお持ちでいらっしゃるというお話を伺っておりますが、動画コンテンツの販売数でも定量的な効果を感じていただけているようです。

  • 動画の購入数は、今期の第1四半期(2021年4~6月)が前期の第4四半期(2021年の1~3月)と比べて、140%程度増加した
  • 2021年1月は、緊急事態宣言前の2020年12月に比べて、動画の販売数が2倍となった

また、ソーシャルキャストの特徴のひとつでもある、限定配信機能も活用されており、同じ動画配信サービス上で、社内・関連会社向けの研修も実施されています。

キーコーヒー株式会社様の導入事例インタビュー

キーコーヒー株式会社さまのソーシャルキャスト導入事例インタビューの詳細は、ソーシャルキャスト公式サイトにてご確認いただけます。
https://socialcast.jp/cases/keycoffee.html

国内の導入実績300サイト以上の動画サイト構築CMS『ソーシャルキャスト』

ソーシャルキャストは、様々なタイプの動画配信サービスを構築できる「動画サイト構築CMS」です。
2012年のサービス開始以来、テレビ局や大手予備校から中小のコンテンツホルダーまで、事業規模やコンテンツのジャンル問わず、国内300サイト以上の動画配信サービスに採用いただいています。

ソーシャルキャストを導入いただくことで、自前の動画配信サービスを低コスト・簡単に構築することができます。

  • 動画やライブの販売が行える動画販売サービスの構築
  • 視聴権限の配布・販売用途で利用できる視聴チケットの発行
  • 社内、学内、顧客向けの限定配信が行えるシステムの構築

ソーシャルキャストの機能や導入事例について詳しくは、公式サイトをご確認ください。
https://socialcast.jp/

タイトルとURLをコピーしました